ミント製作について

よく考えてみて、ミントは軽く改造志向でいこうかなと思います。
尾翼のバルサだけの重量が、約3g(2mmバルサ)
これにフィルム貼ったら、2倍近くになるのかな?と予想して、予測5g程度とします

バルサの比重が、ネット検索で、平均0.17
同じくデプロンが、0.0525
約1/3なんです。
木材だと木目方向に強度差が大きいですけど、デプロンだと差が小さいですし、フィルム貼りしなくても強度でるので、もっと軽いと思います。
オラライトが、35g/m2でしたっけ?そうすると、0.35g/10cm2でいいのかな?
ミントの尾翼で1~2g増量しそうです。

そう考えると、尾翼>デプロン3mm(これしか持ってない)
胴体>デプロン3mm
主翼6mm厚バルサ>デコパネ5mm 削るの大変・・・。
に換えてやれば、結構軽くなるんじゃないかと妄想してます・・・。

驚異的な比重は、発泡スチロールの0.01!?
でも、流石に6mm厚では、厳しいな・・・。
綺麗に成形できて、マイクログラス貼りで強度UPすれば・・・あるいは!?と感じさせられないでもないですが・・・。
[PR]
Commented by 実験工房Sekiai at 2009-02-07 08:59 x
もし翼型を削りだすのでしたら、
AG18 ↓ は大変良い翼型なのでおすすめですよ。
ttp://www.ae.uiuc.edu/m-selig/ads/afplots/ag18.gif
Commented by wanta_plane at 2009-02-07 10:58
sekiaiさん、おはようございます。
以前教えて頂いたAG04とAG18(どちらも似てるけど)どちらの方がいいのでしょうか?
それと、バルサでフィルム貼りのミントでも可能でしょうか?
Commented by 実験工房Sekiai at 2009-02-07 15:12 x
AG18の方がアンダーキャンバーが付いていて浮きが良いです。
アンダーキャンバーは空気抵抗が増えますが、
AG04よりAG18が薄いので空気抵抗は同じ位じゃないかと思います。
Atlantis-3にAG04を採用し、Atlantis-5にAG455~47、
Atlantis-6にAG18を採用しましたが、
Atlantis-6が一番性能が良いです。
バルサでAG18が製作可能かどうかは良く分りませんが、
もしかしたらノーマルの2倍飛ぶようになるかもしれません。(笑)
Commented by wanta_plane at 2009-02-07 22:40
sekiaiさん、こんばんわ。
(。・x・)ゞ AG18の翼型、完成しました。(翼端はまだ)
しかしですが、上手く再現できておりません・・・_| ̄|○・・・
最後の仕上げになると、#600~#1500で地道に1時間くらい必要かも?なんです・・・。
かなり気が遠くなります・・・。
図面の翼型に、下面の前縁と真ん中より後ろを掘ったような状態に近いです。
掘ったのも・・・0.1~0.2mmの感覚的なもので、指で撫でて湾曲してるなっと感じる程度です。
フィルム貼って歪んだら無に等しい努力したのかも知れません。
これよりも、軽量化の方が、ずっと効果あるんじゃないでしょうか?
機体後方の軽量化で1Sリポ使いバラストなしで作って70g以下狙った方が・・・。
それと、主翼のフィルムをサランラップでは駄目かな・・・。
by wanta_plane | 2009-02-07 01:48 | OK模型-ミント(断念) | Comments(4)

主に飛行機の話題です。ヘッポコわんたの言うことはアテにならないけど、楽しくいきましょう。


by wanta_plane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30