四式戦闘機 疾風

寝る前に、ちょっと気になったので検索してみました。
何が気になったかと言うと、疾風のプロペラ径の小ささです。
14気筒の栄を18気筒にして、燃料のオクタン値を上げてブースト圧を上げて1800馬力にしたのだと思っています。単純計算で1100x1.3x1.3=1800くらい
ですが、P-51の馬力が、1500くらいなのにペラが4m、疾風が、1800馬力でペラが3m。
空戦重視のため、加速力を優先してペラを小型にしたのかな?と安易に考えて特に何も思わなかったのですが、やっぱり変ですよね。
RCだと、ペラ径の選択は、トルクになります。
疾風のエンジン誉は、高回転エンジンだったけど、トルクがなかったと考えれば、つじつまが合います。
米軍機には、ターボ過給機があるので、トルクが太いと思います、日本軍機は、スーパーチャージャーみたいなものなので、高回転域でのトルクは低かったのでは?
小さいペラで回転数で稼ぐしかなかったということでしょうか・・・。

これで自分を納得させて寝るかな・・・。
文字読むの、あまり好きじゃないし、これでいいや。

疾風・・・良い燃料や部品の支給がない時期に、こんなの貰っても最前線の現場は、困ったでしょうな・・・。
[PR]
by wanta_plane | 2008-08-12 01:41 | 雑談 | Comments(0)

主に飛行機の話題です。ヘッポコわんたの言うことはアテにならないけど、楽しくいきましょう。


by wanta_plane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31