ぷちトレもどき

おとんトレーナーを作りました。
ぷちトレの説明書とぱちトレの解説を参考に自作したものです。
b0157260_17293594.jpg

モーター     KS180
ペラ        GWS5030
サーボ      HD3.7gx2
アンプ       GWS300
重量(バッテリーなし) 132g
バッテリー    タイヨー零戦52型のNIMHバッテリー(50gくらい?)

簡単に作れると思ったのですが。。。徹夜になりました・・・。
飛びは、良い感じです。ですが、動翼のホーン穴の距離が短かったため初心者にはちょっとクイックな操作感みたいです。(E-SKY製プロポにはサーボ動作量の調整不可能なため)
それと、KS180ではちょっとパワーありすぎかも?(意外と速いです)です。初心者には50XCが良さそうかもです。
これなら、おとんも楽しそうに飛ばしていました。(*´∇`*)
[PR]
Commented by 実験工房Sekiai at 2008-09-15 22:39 x
ぷちトレーナー開発時に、180モーターもテストしました。
50XCの方が軽量になる分、操縦も簡単で
ずっとフィーリングが良かったですよ。o(^-^)o
Commented by wanta_plane at 2008-09-15 23:23
sekiaiさん、こんばんわ。
僕が初めて自作したプロフィールエルロン練習機のメカと(バッテリー以外)同等品を使ったのですが、こっちの方が断然速度でます。
見た目では空気抵抗ありそうなんですけどね・・・プロフィール機より空気抵抗なかったとは・・・。
180モーターなら少しのスロットル?(GWSのアンプがハーフスロットルからモーターが回転するので感覚的によくわかってません)で浮きますし、本物のぷちトレより性能劣ると思いますが、これでも十分満足できるレベルです。
ラダー機の食わず嫌いだったみたいで、大変驚いています。(でも、作るの大変だったので、もう作りたいとは思いません・・・)
最後の方はかなり手抜きの自作でしたが、これでも50XCで初心者には十分みたいです。
Commented by wanta_plane at 2008-09-15 23:30
追記
ぷちトレも名機と呼ばれるWW2戦闘機のようにエンジン乗せ換えを繰り返しヴァージョンUPしてますが、今の軽量メカを使う前提で新たに再設計したら、もっと凄い機体ができるのではないか?と思ってしまうのですが・・・。どうなのでしょう?
ぷちに軽量BLMと重心合わせに1000mA程度のリポ積むと30分以上飛べるなど聞いたことありますし、そこまで飛行時間必要なさそうなのと軽いリポが積めたらもっと高性能になりそう?と思ってしまいます。
さらに風に弱くなるのが考え物でもありますが・・・。
Commented by 実験工房Sekiai at 2008-09-16 08:19 x
ぷちトレーナー開発後に大きく変わったのは、
50XCクラスのブラシレスモーターが安価に買えるようになったことでしょうね。
あの当時はCDモーターを自作するしかありませんでした。
その他のメカは、あまり変わっていないと思います。

ぷちトレーナーの設計は、すでに完成されたものだと私は思っています。
この機体は、どこをとっても改良のしようがありません。
ハイパワーにすれば子供に操縦させるのが危険になりますし、
スピードが出れば墜落のダメージも増えます。
コンセプト上、今よりハイパワーに出来ませんし、
空力的なスピードリミッターも外せません。

フライト時間ですが、実際にやってみると分りますが
15分を超えるフライトは操縦者にとって苦痛以外の何物でもありません。
30分も飛ばすとつらくてつらくてしょうがなくなりますよ。(^_^;)
Commented by wanta_plane at 2008-09-16 23:53
sekiaiさん、こんばんわ。
ぷちトレを50XCでNIMH使用が一番ですよね・・・(180使いましたが・・・)
機体を上下左右に無理に傾けてもパワーがないので安全な状態を維持できる、NIHMなので墜落ダメージがあっても安心、みたいな考え方でよろしいのですよね?
50XCの安さは、破格ですよね!ミント買った後、急いで追加注文しちゃったくらいですから。^^

それから・・・僕が少し思ったのは、スパン500くらいでテープ補強を少なく(なくして)軽量BLMとリポがいいなっと。
sekiaiさんなら・・・60g以下で作れるんじゃないかと・・・。
トイのエアロ、バイウイング下翼除去みたいな迎角多めで水平尾翼が前下がりで飛ぶのも僕は結構好きだったりします。効率悪そうですが・・・。
何言ってるんだ!?と思う発言あると思いますが、ごめんなさい。<(_ _)>
Commented by 実験工房Sekiai at 2008-09-17 07:54 x
私としては、ぷちトレーナーは15gクラスのブラシレスモーターと、
800mAh位のリポで飛ばすのが一番楽しいと感じています。
スパン500のぷちトレーナーはいいですね。
私も本当はこの位の大きさでキット化したかったです。
でも、スパン500となると重量管理が大変シビアになり、
ある程度の軽量化テクニックが必要になってきます。
そうなると「小学生でも作れて、簡単に飛ばせる機体」と言う
コンセプトから外れてしまいますので、
ぷちトレーナーは現在の大きさになっています。
大メーカーさんのように、サーボ付きの完全完成機で
ユーザーさんに提供できるのであればいいのですが。(^_^;)
Commented by hiropapa-rc at 2008-09-17 13:15
Sekiaiさん、こんにちは!
ぷちトレは本当~に、空物を1人で始めたい人の「救世主」
ですね。私自身も非常に感謝しております!! 
最近ナイト仕様にされているのを見かけて、又欲しくなります。
「完全完成機」をアトリエ_m_mさんで、売り出し出来たら良いですね。
(T守さんが、大変かな??)
Commented by wanta_plane at 2008-09-17 19:42
sekiaiさん、こんばんわ。
RC空物に少し興味がある人は、たぶんトイラジや京商、HPIのフルセットの商品から始まるのが多いと思います。
それで味をしめて入門しよかな?と思う人が多いのでは?なんて勝手に思ってます。
それで、このカテゴリが、だんだん小型化してきているのでホビラジの入門「ぷちトレ」がぷちではなく、そこそこ大きいと感じてしまうと思うんです・・・。
僕も作ってみて、デカいなぁ・・・と感じちゃいましたし。
もし可能なら小型化したぷちトレを見て見たい願望があります~。うふふ。
Commented by 実験工房Sekiai at 2008-09-17 20:32 x
一般的にショップで手に入るRCメカを使う限り、
ぷちトレーナーはスパン700mm位が限界かなーと思います。
インドアスローフライヤーに使われるメカを使えば、
かなり小型化↓できると思いますよ。
ttp://rcp.web.infoseek.co.jp/rc_PT_Micro.html
Commented by wanta_plane at 2008-09-17 22:24
回答ありがとうございます。<(_ _)>
ちょっと無理っぽいですか・・・。
インドアメカ意外でもKbさんの2gBLMとロビンさんのコスモテック3Aアンプ1g程度、同2.3g受信機、1Sリポと人工筋肉サーボで可能っぽいですが、金銭的な問題、1Sリポでの不具合もありそうですし、リスクが大きいのが考え物です。
そんなに小さくする必要もないですしね。^^;
僕は、やっぱり100円の50XCが一番嬉しいかな?
くだらない話題につきあわせてすいませんです。
by wanta_plane | 2008-09-15 17:38 | ぷちトレもどき-おとんトレーナ | Comments(10)

主に飛行機の話題です。ヘッポコわんたの言うことはアテにならないけど、楽しくいきましょう。


by wanta_plane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31