<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

alula

今日はゲームが早く終わったので、あちこち観覧してました。
そしたら、alula再販していて、もう手に入れてる人がいるようです。
今度のは、全部EPP製なのかな?動翼は大丈夫なのだろうか^^;
日本で代理販売店はないので、直接本家から買わないといけないのでクレジットカードとかいるんでしょうなぁ・・・。
コンビニで買えるWEBマネーで買えたらいいのに・・・。
と時々思うわんたです。

聞きまくって、自作してもいいんですけどね^^;
(。-`ω´-)ンーでも、5000円くらいなら買った方が良さそうに思います。
まあ、買っても土手ソアリングできるとこがないかっ・・・。(´・ω・`)

9月になったら田んぼが空くので、また飛行機飛ばして遊びたいです。(*´∇`*)
何にしよう・・・。
[PR]
by wanta_plane | 2009-08-04 01:39 | 雑談 | Comments(4)

8/5のUPデートで・・・

もしかしたらキャップ開放、東部戦線進出、L56機体出現の可能性があり少し期待してしまいますね。(*´∇`*)
ついに憧れの疾風に乗れると思うと気持ちが高まります。
下の写真は、自分のPCの壁紙に使用してるもので、どこかでDL可能で提供されてました。後、零戦や彗星なんかもありましたよ。好きな人は落としてみてね。^^
b0157260_1014562.jpg

(。-`ω´-)ンーかっこいいですw
この疾風は、アメリカのデータで、武装解除、良質燃料使用、点火プラグ交換しただけで時速684km出たと言われています。
日本では、疾風の登場した初期には、良質燃料、交換部品、優秀な整備員などに恵まれていれば戦果あったような気がします。

アメリカの戦闘機と比較して毎回気になる所は、プロペラ径の小ささですね。
電動RCやってると逆じゃないの?と思ってしまうのですが、実機でプロペラ径が大きいと最高速重視、小さいと加速重視になるようです。
日本の機体は、みんな径が小さいんですよね・・・。日本の機体も後半は速度を優先した機体が増えてきているにも関わらずです。
それは、たぶん排気タービンがなかったのでトルクが細くて大型径のプロペラを回せなかったと考えるのが普通かな?と想像してます。
プロペラが小さいと、脚が短くていいので、脚の長い機体でよくあった着陸時に脚折れの不具合が少なくなるので、良かったのかもしれません。^^;
ペラが小さいと、空冷エンジンの場合は特に有効に使えるペラの範囲が少なくなります。
だから機首の細さに拘ったんでしょうね。
F6Fのエンジンと日本の火星なら同径くらいかと思いますが、日本の戦闘機でそれを搭載した雷電は、エンジンの位置を後方にズラしてまで機首を絞っています。
排気タービンがないと、どうしても2000馬力級で疾風のエンジン誉のような細いエンジンが欲しかったのではないか?と想像してます。
(。-`ω´-)ンー想像ばっかりだな・・・。
疾風を見たイメージで、エンジンスペースが狭く感じるので、冷却効率は大丈夫なのか?と心配してしまいます。
エンジンの冷却が悪いと極度にパワーダウンしてしまうからです。
空冷エンジンが、高高度でパワーダウンするのは、冷却が悪いからなんですよね。空気が薄くなるとエンジンに当たる空気量が減るので冷却が追いつかなくなります。
高高度なら気温が低いので逆じゃないの?と思ってしまいますよね・・・。もちろん搭乗員は高高度では寒いと思います。^^;でもエンジンは熱いんです。
日本の対策法として、水エタノールをエンジンに吹きかけて冷却する方法があります。
気化熱で冷やそうとしてるんでしょうね!?この水エタ噴霧の方法・構造を詳しく知らないので憶測ですが・・・。
これを使うとエンジンの寿命を縮めることになりそうですが、一時的にパワーUPすることができるはずです。

長くなりそうなので、ここまで。
[PR]
by wanta_plane | 2009-08-02 10:33 | Heroes in the Sky | Comments(1)

主に飛行機の話題です。ヘッポコわんたの言うことはアテにならないけど、楽しくいきましょう。


by wanta_plane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31